2017年1月17日火曜日

院内で人工呼吸器と排痰補助装置の勉強会を実施

医療ネタです。

冬将軍が暴れています。大雪警報等の発令されています。しばらくは、降雪予想には注意が必要です。
在宅医療に従事されている皆さま。降雪による倒木、停電なんてこともあります。ご注意ください。

たまには医療ネタを書かねば。

先日 院内の看護師さんから、医療機器の勉強会依頼を受けました。入院中の患者さんが使用する在宅用人工呼吸器を知りたいとのこと。

はい 喜んで(^^)/

今回患者さんは、こちらの組み合わせで退院されます。

えっ トリロジーにコンフォートカフ

そうなんです、通常 トリロジー君を選ぶ場合の排痰補助装置はE70になるのが多いのですが。

今回 コンフォートカフの中でも、1個上の機種。
「コンフォートカフ plus」 
パーカションモードを持っています。

まだ、このパーカッション機能が、どのような疾患。どのような患者さんに有効なのか、分からない面もあります。フェイスマスクが上手く使えないことも想定しての、機種選択です。


勉強会では、参加者に体験してもらいました。

おおよそ1時間の勉強会。参考になりましたでしょうか。



0 件のコメント:

コメントを投稿