2015年8月25日火曜日

時間は平等にやってくる

独り言です。

みなさんは、平等に与えられているモノは何かと問われれば、何を想像しますか。
私は「時間」と答えます。1日が24時間という平等に与えられている中で、どのように使うかは、その人の自由です。

初めて勤務した総合病院で先輩から言われたのは「遊ぶ時間を減らさずに、勉強するには、寝る時間を削れ」だったような気がします。今思えば、ちょっと過激な発言ですが、20代前半は、夜更かししても、翌日は仕事できました(^^;

その道のプロになるには、約1万時間の勉強が必要と言われています。その職業で「プロ」と言われるには1日8時間働いて、年間250日働くとした場合、約5年でプロとなります。私たち医療系国家資格保持者の5年以上全員がプロでしょうか。残念ながら、5年以上経過しても神様から素人まで散在している現状です。

最近子供たちをおんぶして思ったことは、重くなったこと。 自分は歳を取りたくないと思っていても、子供の成長を感じる反面、自分が「老いた」ことを痛感します。

本日 一つ歳をとりました。
子供たちは、いつまで手をつないで歩いてくれるだろう
臨床工学技士として、何を後輩に残せるのだろう

あっ けっして何かに思い悩んでいることはありません。
やりたいことが沢山あるので大丈夫です(^^)/

業務連絡 歳をとった記念に、iPod touch(第6世代)を購入しました。






0 件のコメント:

コメントを投稿